So-net無料ブログ作成
検索選択

東京・丸の内の工事現場で転落、男性作業員3人死亡-足下の鉄板が外れ25m下に [安全管理]

11日午後4時半ごろ、東京都千代田区丸の内の「東京会館」ビル建て替え工事現場で、男性作業員3人が相次いで地上から地下3階に転落したと119番通報があった。40代の作業員2人と50代の作業員の計3人が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁丸の内署は業務上過失致死の疑いもあるとみて、関係者から事情を聴くとともに詳しい事故原因と身元の確認を急ぐ。

同署や東京消防庁によると、5階で50代の男性作業員が内壁の基礎工事をしていたところ、足場の鉄板が突然外れて約25m下に転落。同じ現場で作業していた40代の作業員2人とともに地下3階まで転落したという。

現場はJR東京駅や皇居に近いオフィス街。三菱地所のホームページによると、建て替え工事は東京会館ビルのほか、富士ビル、東京商工会議所ビルの3棟が対象で、共同で建て替える計画が進められていた。3棟の跡地は計約9900m2。地下4階、地上30階(高さ約150m)の超高層ビルを、平成30年10月中旬に完成させることを目指しているという。2017/8/11 産経(写真も)

東京・丸の内の工事現場で転落.jpg

「東京会館」ビル建て替え工事現場

3名が亡くなったこの事故は「重大災害」である。「重大災害」とは不休も含む一時に3人以上の労働者が業務上死傷、又は、り病した災害で、厚生労働省では重大災害について詳細な原因調査等を行い、他の災害とは別に統計・分析して重大災害統計を作成している。つまり徹底的に調査が行われ、亡くなった作業員の使用者やゼネコンに過失があると刑事処分や行政処分(営業停止など)が行われる。

事故の原因は詳らかではないが「足場が落下した」と言う記事が多いから、これは仮設の作業足場の落下のことであり、作業足場を設置したであろうゼネコンの責任がまず問われることになるであろう。

地上5階で作業していて地下3階まで落ちた、という事は普通に考えるとその様な縦穴はエレベーターか空調ダクト開口しかない。エレベーターシャフトの場合、周りを間仕切り壁で囲った後はエレベーター業者が自分らで足場を組み立てて、レール等の作業を行う。

しかしエレベーターにしろ空調ダクト工事にしろ、その工事が始まるまでは、その開口部の養生(この場合穴をふさぐこと)はゼネコンの責任である。開口の大きさで短辺が1mくらいであればそれ程厚くない鉄板でふさげるが、2m以上、エレベーターシャフトであれば3mくらいになると、簡単ではない。

鉄骨造の場合一番安易なのは、一旦デッキプレートを敷いてしまい、コンクリートスラブが出来て間仕切り工事まで終わらせてから、デッキプレートを取り除く方法である。他には鋼材(H100×100くらい、単管では強度が足りない)と鉄板や足場の組合せであろう。

工事写真を見ると高層棟はこれからまだ鉄骨建て方、外装工事が続き、下層では内装工事、設備工事が始まっている。おそらく作業員は1000名近くであろう。設備工事が別途であっても安全管理はゼネコンが統括しなければならないから、1000人近くの作業員が安全な作業ができるよう、管理する必要がある。

ゼネコンの社員はQCDSE全てを管理する必要があるから大変である。来年10月の竣工はなかなか大変で、ついD(工程: Delivery)を優先しがちとなる。開口部養生は設置時点では十分安全であっても、間仕切り工事で一部支障があってずらしたりするかもしれない。そうした場合のための維持管理が重要となる。

亡くなった3名の方の為にも原因の徹底解明と、再発防止策を広く周知しなければならない。

ブログランキングに参加しております。御面倒様ですが、クリックをお願い致します
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
有難うございます

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。